屋根の補修と塗装

屋根の塗装と補修

屋根の塗装を施す必要があるのは、大きく分けてコロニアル屋根材の場合と、トタン屋根材の場合の2パターンがほとんどです。
塗膜劣化により単純に屋根の塗装だけで済むケースと、屋根自体の修理・補強作業を必要とされる場合がありますので簡単にご案内します。

■コロニアル屋根の塗装

コロニアル屋根は屋根の上に登ってみると意外に劣化が激しいことが少なくありません。
新築または前回の塗装から10年程度で激しく劣化しているケースもあります。
やはり紫外線を常に浴び、風雨にさらされている過酷な場所ですので当然とも言えますが…。

スレート部分の反り返りとその補修
長年の強い紫外線を浴び、塗装が剥げ落ちるだけでなく、スレート板自体が変形し反り返っている場合があります。
その場合、スレート板との間に隙間が生じ、釘が外れてしまっていることも多いものです。
そういった症状の時は塗装前に釘を打ちなおし、しっかり固定してから塗装作業となります。
鉄部劣化とその補修
鉄部劣化による、その部分の補修コロニアル屋根には鉄製の部品で補強している部分があります。この鉄製の部品が錆びて劣化していることも多いものです。
その場合はその劣化している部品の修理・交換、及び下地部分の修理賀必要なケースもあります。
放っておくと、強風時に吹き飛んでしまうといったこともあり得ます。
そういった症状の時は、塗装前に板金処理を施し、耐久性を高めた上で塗装作業となります。
コロニアル屋根のひび割れとその補修
年数が経過しますと屋根自体のひび割れが発生してくるものです。
部分的なひび割れはコーキング剤で補修しますが、コーキング材補修では無理な大きな割れの場合、雨漏りの危険性があります。
その場合は屋根材の交換をお勧めしております。部分交換、全取り替え共に行っておりますので、調査時にその状況をお伝えし、対処していくことになります。
ひび割れ補修、または交換を行ったのちに塗装作業に入ります。

■トタン屋根の塗装

トタン屋根は最近少なくなりましたが、古い住宅ですや工場などではまだまだ見られる屋根材です。
経年による劣化が比較的高く発生しますので、定期的な塗装・補修で耐久性を高めて維持する必要があります。

トタン屋根の錆と劣化
トタン屋根は経年と共に劣化の進行が早い屋根材です。一度腐食させてしまうと復旧が困難で、雨漏りの原因となることも少なくありません。
特に亜鉛を混入させたトタン屋根の劣化が激しいため、定期的な塗装で腐食を防ぐ必要があります。
トタン屋根の補修及び塗装
トタン屋根はまず錆や汚れを取り除き、下地を整えます。その際に浮いてしまった釘を打ちなおします。
次にさび止め塗装を行い下地工程を終えた後、中塗り・仕上げ塗りを行って入念塗装を施します。
この作業を定期的に行うことで、長い期間トタン屋根を維持させていきます。

■屋根塗装工事の流れ

屋根塗装工事の流れ


屋根工事(リフォーム)の無料相談・無料診断など、屋根のことならなんでもお問合せください。

フォームからお問合せ
もし屋根の雨漏りに気づいたら… 屋根・外壁診断 悪徳業者はこんな手で…

船橋屋根葺き替え工事 船橋市T様邸

《2013.06.27 更新》

屋根修理、雨もり、葺き替え、板金工事 千葉県船橋市H会社様邸

屋根のトタンが錆びてしまい,雨もりが始まってしまいました。 防止シートを下張…

《2013.01.24 更新》

屋根雨もり修理 コロニアルカバールーフ 屋根リフォーム 鎌ヶ谷Fアパート様邸

  屋根材の割れや、浮きが激しく(特に鳩小屋 谷板金周辺)雨もりを していま…

《2013.01.08 更新》

雨トイ 修理 リフォーム工事 船橋市T様邸様邸

雨トイが雪で押されて曲がってしまいました。   取り替え時期に入っていたため…

《2012.12.17 更新》

屋根 木部破風 板金(ガルバニウム)巻き 修理 リフォーム 船橋市T様邸様邸

何度ペンキを塗っても剥がれてしまったそうです。 ガルバニウム鋼板を木部に張る…

《2012.12.17 更新》

屋根葺き替え工事 屋根リフォーム 鎌ヶ谷市Y様邸

かなり下地がいたんでいます。 下地の修理とべニア上張りをしました。…

《2012.12.09 更新》